起業に向いている性格

■起業に向いている性格
会社を設立して起業する、といった場合、経営者の性格は非常に重要なファクターとなります。
経営方針から目標設定とあらゆる部分で判断が必要となってきますし、より会社を有利に進めるための人脈作りにも経営者の性格が重要。
起業家に向いていると言われる性格にはどのようなものがあるでしょうか。

 

●人と話すのが好き
会社を設立し、運営していくと営業やコネクション作りなどのために多くの人と会って話をしていかなくてはなりません。
そのため、人と話すのが好き、コミュニケーションをとるのが好き、あるいは人に好かれる性格だ、といった要素が重要です。
中にはプライベートではあまり話はしないけれど、仕事と割り切ればスラスラ話せる、という人もいます。

 

●決断力がある
会社設立後は何かと決断しなくてはならない場面が登場してくるもの。
例えば思いもよらない分野が取引先になる、というのは良くある話です。
また、大企業からの事業提携の話なども代表例の一つ。
このような場面に、そのチャンスを逃がさない決断力があるかどうか、というのは重要なポイントの一つだと言えます。
もしも決断が遅くなって大きなチャンスを逃す、ということが無いように素早い意思決定ができる、というのも大切です。

 

●視野が広い
経済などは常に動き続けるものです。
そのため、広い視野を持って常に社会に対してアンテナを張ることができるかどうか、というのは重要なポイントの一つ。
インターネットで情報収集を行いやすくなっているため、視野を広げやすい時代だとも言えます。
これらの情報の中から適切に重要なトピックを見つけることができるかどうかも大切な要因です。